2017年11月16日木曜日

FLASH, SPIN, and FLY 吉泉ゆう子/ちぎらはるな/京極あや

こんにちは、スタッフの二宮に替りまして濱口雅彦です。
FLASH, SPIN, and FLY 始まっています。


吉泉ゆう子・ちぎらはるな・京極あや・
女性イラストレーター3人が<FLASH,SPIN,andFLY>なのです
2015の「エロスについて展」に続いて 
テーマを変えて  FRESHに暴れ出しました。


なんのこだわりもなく、屈託もなく、羞恥心などの表現を縛る概念は捨てて
ほんとに素直にそれぞれが30枚以上(30人以上)の夢のように輝いている
女性(少女心満載)をパワフルに描きだしました。
クールでポップチューンなFOREVER Girlsですから
Pop-Magazineから飛び出して来た所が omotesandou hillsだったり
Cat Streetだったり、SPIRALarea とか109area だったりするわけです。


 京極あや は・・・   ちぎらはるな は・・・・   吉泉ゆう子 は・・・
3人のパワーが集まると熱気が生まれ、愉しいミラクルがほとばしり、
離れられられない やっぱり 愛しい 女性に囲まれた感じです。
POP FREEで 様々な表現は街ちで見かける女性が一層輝いて
一人ひとりを 頭にえがき丁寧に描きあげることで、理屈無く美しいと気づかせてくれます、
3人娘に 感謝です
PLUS 3人娘が 自分を描きだした 大判姿絵は 必見。
 



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
FLASH , SPIN , and FLY
<クールでポップチューンなForever Girls。キラめいて回って飛んでいけ!>
吉泉ゆう子/ちぎらはるな/京極あや
2017/11/14(火)〜11/19(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
加納成浩 銅版画展「Nothing Really Blue」
2017/11/21(火)~11/26(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

2017年11月8日水曜日

風にのって -めぐみめぐる- やまぐちめぐみ作品展

こんにちは、スタッフの二宮です。

「風にのって -めぐみめぐる- やまぐちめぐみ作品展」
始まっています。




2015年の9月に、49歳で亡くなる直前まで絵を描き続けたやまぐちめぐみさん。
タンバリンギャラリーでは、2010年7月2015年5月2015年11月に個展を行っており、今回が4回目となります。
今展では、絵を描き始めた当初の作品から晩年の作品まで、
様々な年代に描かれた、30点あまりの作品が並んでいます。





 


  


アクリル絵の具、オイルパステル、色鉛筆、コラージュ、
画用紙にパネルに段ボールや厚紙の切れ端、
様々な画材で、その時々の描き方で絵を描き続けためぐみさん。
病気を発症する前の、初期の作品は少しきりっとした気の強そうな女性が描かれており、
だんだんと自由でのびのびとしていったという印象があり、
それはめぐみさんの人生を物語っているようにも感じます。

身体が思うように動かなくなっためぐみさんは、
絵を描きながら、鳥になったり天使になったりして、
いろんなところへ旅をしていたのかな、と思います。
それがめぐみさんにとっての自由や、願い、祈り、
そして生きた証だったりしたのかもしれません。
晩年になるにつれて、ファンタジックな作風へ転換していったのも、
そういったことを思わせるものがあります。

その人がいなくなったあとでも、絵はずっと残って、
気候や天気、時間帯、自分のコンディションによって
その絵の見え方も、その時々でかわってきます。
そんな風に見てくれる人に寄り添ってずっとそこにいてくれるのが絵の力であり、
作者がいなくなってしまうとなおさらその絵が本人のように
たくさんのことを語りかけて来ます。
日々せわしなく生きていると様々なことがあり、
忘れてしまうことや、ほったらかしにしてしまうこともありますが、
絵を見れば一瞬にして、いろんなことが蘇ってきます。

こんなにたくさんの絵を残してくれためぐみさんに、感謝の気持ちでいっぱいです。













今展では原画の販売はありませんが、
2018年春に、mille booksにてやまぐちめぐみ作品集の刊行が決まりました。
A5サイズで100ページ近くのハードカバーの仕様になるようです。
様々な特典のある先行予約をギャラリーや巣巣のサイトにて受け付けておりますので、
この機会にぜひお申し込みください。

また、ハンカチやトートバッグ、ポスターにポストカードセットと
グッズも豊富にあります。
めぐみさんがよく作って親しい人や関わりのあった方へ渡していた
「へんちくりん」をムジカ食堂さんが再現した、クッキーとスコーンのセットも、
数量限定でご用意してます。
そうそう、めぐみさんの展覧会ではいつもめぐみさんの焼いたケーキやお菓子が並んでいて、それも楽しみの一つだったので、
あまいものは、めぐみさんの展覧会には欠かせない、ということですね。




11月11日(土)には17時より、
ライブやフード、ドリンクをご用意したパーティが開かれます。
(参加費1000円、予約不要)
こちらもどなたでも参加できますので、お気軽にお越しください。

風にのって、
めぐみさんのことをよく知る方もこれから知る方も、
めぐみさんも、みんな集まって来たらいいな、と思います。
会場にて、あたたかな空気にぜひ触れてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017/11/7(火)~11/12(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

<クールでポップチューンなForever Girls。キラめいて回って飛んでいけ!>
吉泉ゆう子/ちぎらはるな/京極あや

2017/11/14(火)〜11/19(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
*RECEPTION PARTY 11月14日(火)17:00〜20:00
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2017年11月2日木曜日

橘 房図「りすりすぼうし店 展」

こんにちは、スタッフの二宮です。

橘 房図「りすりすぼうし店 展」始まっています。




橘房図さんは、ヘアメイクアップアーティストとして、
雑誌、広告、カタログ、ミュージシャンなど幅広い分野で活動しています。
タンバリンギャラリーでは、2013年4月『喫茶"三階"展』、
同年10月『夢見る帽子展』、2015年9月『今、わたしが夢中なのはこれです展』、
開催以来、2年ぶり、4回目の個展となります。

今年の橘さんは、帽子屋さんです。






「うちの従業員たちです。この子が工場長。」
と、まずはリスの従業員のみなさまが、お出迎えしてくれます。
3年程前から、帽子の世界にのめりこんで、ただいま勉強中の橘さん。
今年に入ってからは帽子作り一色、なのだそう。

リスの帽子にどんぐりのクッションを身につける、撮影コーナーもあります。









橘さんがよく通っている豪徳寺にあるuneclef(ユヌクレ)というパン屋さん。

「いろいろなパンを 食べたり眺めたりしているうちに
 いつかこの子たちをたちを作品にしたいなと思うようになりました。」

と、作品集の中の文章にあるように、
マフィンやエピ、カンパーニュが、帽子の姿になりました。
なんてかわいい!なんておいしそう!
ユーモアとおしゃれと大好きの気持ちがたっぷりつまったパンの帽子、
身につけるとなおさら愛らしいです。










そして、今回は、帽子屋さんですから、
帽子のオーダーメイドもできます。
帽子自体の制作は、まだまだ勉強中だということで、
橘さんが買い付けて来た帽子とスカーフを組み合わせて、
その人のイメージで、とってもスペシャルで他にはない、
橘さんのセンスがたっぷり詰まった帽子を作ってくださいます。
こちらは、橘さんが在廊しているときは随時受け付けています。
一点一点手作りの、帽子のブローチも、55個限定で販売しています。

普段は、ヘアメイクアーティストとして活躍している橘さん、
「ヘアメイクのお仕事も大好きだけど、やっぱり何かを物を作る人になりたくて、
 おばあさんくらいになったら、帽子屋さんになりたいなって思ってる。」
と、いらしたお客さんとお話されていました。

いつも、そのときに夢中なことにまっすぐで、
気持ちや、感覚を、橘さんの方法で、わたしたちに見せてくれる、
その独特の世界に浸っている夢の様な時間は、とてもファンタジックで贅沢です。

「明日から、りすりすぼうし店展がはじまります 
 こどものときの
 夢だったり、
 お店やさんごっこだったり、

 おとなになって、そんな夢を 
 叶えやすくなって
 わたしは、明日から一週間
 ぼうし屋さんになります

 本気のおとなの遊び です」

と、橘さんのInstagramに書かれた言葉が、とっても印象的でした。そして、そんな本気のおとなの遊びに、
まざって一緒に遊ぶことのたのしさが、
ここにはあります。




橘さんは、木曜日をのぞき、毎日在廊しています。
ぜひ、お越しいただいて、その世界に浸ってみてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
2017/10/31(火)~11/5(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
風にのって-めぐみめぐる-やまぐちめぐみ作品展
2017/11/7(火)~11/12(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017年10月25日水曜日

千葉美波子「あにみずむちゃん」

こんにちは、スタッフの二宮です。

千葉美波子「あにみずむちゃん」始まっています。





刺繍家、ABCクリエイターとして、
企業や有名キャラクターとコラボした刺繍商品の開発、
広告等への作品提供を手掛け、
著書も数冊出版している千葉美波子さんによる個展「あにみずむちゃん」


アニミズム
英語animism)とは、生物無機物を問わないすべてのものの中に霊魂
もしくはが宿っているという考え方。(wikipediaより)

ということで、アニミズムを主軸として、数々の作品が展示されています。










千葉さんが刺繍の道を歩むきっかけになった
アルファベットAからZまでをデザインし、刺繍したシリーズは、
スタンダードなものから始まり、
「にゃるふぁべっと」(猫)
「きょりゅふぁべっと」(恐竜)
「いぬふぁべっと」(犬)
「妖怪アルファベット」、、、とどんどんと展開していきます。
26個の文字のなかにおさめられたモチーフは愛らしくユニークで、
見ていて飽きません。

ずっと扉をしていたけれど、次第に「妖怪好き」なことが見え隠れし、
引き出され、ついにアルファベットシリーズに加わった
「妖怪アルファベット」は、真骨頂ともいえるほどに、
千葉さんの妖怪へ対する愛が詰め込まれています。









刺繍教室やワークショップも多数開催されている千葉さんは、
刺繍の美しさ、丁寧な針の運びはもちろんのこと、
図案のモチーフやそれぞれの表情がとてもユニークです。
「下絵を描くときに悩むことはほとんどないです。」
とおっしゃるとおり、画面から楽しげな様子が溢れ出ています。

世界のあらゆる国に存在し、長い歴史のある「刺繍」の技術は、
その行為自体、想いを伝えるためであったり、衣服を丈夫にするためであったり、
わるいものから身を守るためであったり、
様々な意味合いも含まれています。

「アニミズム」の考えを大切にしている千葉さんは、
絵柄のデザインから最終的な仕上げまで、
そこに命が込められているかのように、一連の流れを作っているんだろうな、と
一針一針、丁寧に仕上げられた作品を見ながら思いました。








最新の著書『日本のかわいい刺繍図鑑』からの原画に加え、
今展のために制作された作品も展示しています。
「身体の調子がわるいとき、自分の身体のパーツや内蔵に、
別の人格が宿っているように感じるときがある」という想いから制作した作品や、
大きな自然と生物が一体化して、宇宙を形成していると感じさせる様な壮大な作品、
「世界の子宮ちゃん」シリーズなど、
作品ひとつひとつに物語があります。すべてを説明することができないので、
ぜひ会場で、千葉さんとお話しながら、実物を味わって頂ければと思います。







また、精油を使用したビーガンなお菓子を作っている『Lullaloo』さんのお菓子
(グラノーラ、古代小麦のチョコチャンクスコーン、やきいもスコーン、マロンケーキなどなど)
も会場限定で販売しています。
土日には、『カラミちゃん』によるスパイスカレーの販売もあるそうです。
(写真は千葉さんのインスタグラムから拝借しました。)

身体が喜ぶやさしくておいしいごはんやお菓子も、ぜひお楽しみください。

それから、最後に、こんにちの千葉さんを形成するにあたって
欠く事の出来ない著書第一弾ともいえる、
高校卒業のときに論文として制作した『岩瀬美波子の妖怪事典』も
必ず目を通してください。
刺繍の愛らしさと真逆の様な世界ですが、
ここに全ての始まりが詰まっているように思いました。







千葉さんは、以下の日程で在廊の予定となっております。

24(火)11〜19時
25(水)17〜19時
26(木)14〜18時
27(金)13〜19時(WS16-19)
28(土)11〜19時(WS14-17)
29(日)11〜18時


金曜と土曜に開催される「妖怪アルファベット」のワークショップは定員となってしまいましたが、
もちろん見学もできますし、展示も見られますので、お気軽にお越しください。

ぜひ、近くから遠くから、様々な角度から、見て頂きたいです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017/10/24(火)~10/29(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
2017/10/31(火)~11/5(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・