2018年7月18日水曜日

Human Museum 2018

こんにちは、スタッフの二宮です。

Human Museum 2018、始まっています。



タンバリンギャラリー、夏の恒例企画となった「Human Museum」、
今年で3回目となります。
例年通り、多くの方にご参加いただき、
招待作家であるマイスター6名+仲間たち144名、
合計150名の方々に、参加していただいております。

マイスター

飯田淳 塩川いづみ 永井博
花くまゆうさく ヒロ杉山 矢吹申彦


 

仲間たち

青山タルト Akico アキザワカズアキ アキューン atsuko あつみかな 家鴨窯 新井萌美 
池田彩香 
いけべけんいち。 石井和子 石田奈緒美 石橋淳一 いちかわしんじ イトウユキ 
イナガキマコ 井之口真央 岩田祐一 植田まほ子 内堀結友 うてのての 榎園歩希 
おおぐりさちこ 大滝直子 大谷美保子 大野まみ 岡田路世 おがたりこ 岡村祥男 岡本美穂 
奥勝實 奥村紗加 オブチジン 金子さをり 加納成浩 果乃子 鹿子木美 川合翔子 
かわむらともみ 河村真希 神崎遥 元女博司 木内創土 木内路央 KYOCO MORI 
倉松しおり 栗林さち こうのかなえ Cosa Hiroco 小塚類子 konatsu 小林ラン 近藤まや 
酒井賢司 坂口友佳子 坂本たま子 酒本光利 佐久間亮 さくらいはじめ ささきえり さとうとしゆき 
佐藤野々子 さわ 366works 椎木彩子 シバタリョウ しまだたかひろ しまはらゆうき 
ジャン・クニオカ スガミカ スギモトマユ すぎもりえり 鈴木綾乃 鈴木理子 
セイトウレイカ 瀬崎百絵 高田昌耶 高野まき子 タコベル 谷口綾 タニモト大作 他他 
ちぎらはるな チヒロ ちり 常藤ひとみ 時吉あきな 友澤健太郎 戸屋ちかこ なかがわみさこ 
ナカタアツコ nashiko 西田あつみ 猫屋 野崎康平 のせなおみ nobara△ 花背水雄 
濱甲一 花村信子 ハヤシユカ handmade kind HIGASHI MARIE 樋口モエ 平野晶 
平林義男 HIROPOP 深町マチコ 福田玲子 藤本将綱 藤原すずめ 藤原徹司(テッポー・デジャイン。) フジワラフサコ Fumiko Watanabe 古谷利幸 pater 牧村志穂 松本康孝 
Matteacian マナベレオ maya mayako まゆみん 水埜紀茸 mizobatasaki 
南出直之(NANDE) 峯岸圭 みやかわさとこ Min 村上トモミ MADE IN 2F 
Moe Hosokawa mollydomon ヤマグチヨーコ 遊 吉泉ゆう子 YOSHiNOBU 葭村太一 
吉村奈穂子 ロシトロカ ロバとコトリ 渡辺晶子 わたなべはるか 渡邉亮太 
(50音順・敬称略)








ひとり1点、キャンバスをベースに作品を作る。
というこのHuman Museumは、150名、150通りの作品が並んでおり、
年齢、性別、キャリア、ジャンルを超えて、全ての作品が、
同じように一つの空間に同居し、個性を放ちながらも共鳴しています。

作品のテーマを「Human」としているものの、
その捉え方は全くの自由です。

3年前、以前行っていた「ロバミュージアム」から「Human Museum」に
シフトチェンジし、テーマをHuman としたわけですが、
それは、より、ひとりひとりの人間に寄り添った、
その人自身のことを知れる様な展覧会にしたい、と思ったことがきっかけでした。
作品を介して、人と人が知り合って、また新しい何かが生まれる、というのは、
とてもシンプルで素敵な事です。
そして、そういったことに、150名もの方々が賛同してくださっているというのは、
ほんとうにありがたいことだと、この展覧会を開催するたびに、
驚きとともにしみじみと感じております。








初日は、オープンから少しずつ人が集まり始め、
オープニングパーティでは、毎年のごとく、
外まで人が溢れるほどの盛況ぶりでした。
お暑い中、お集まり頂いたみなさん、本当にありがとうございます。


(Photo:古谷利幸)

そして、この日は、マイスターである永井博さんのマイスターデイでもあり、
参加者のみなさんは、ポートフォリオや作品を見て頂き、意見を頂いておりました。

マイスターデイは、第一線で活躍する方々に直接アドバイスをいただける、
貴重な時間でもあります。

マイスターデイは以下の通りですので、
ぜひこの機会にお越しください。

7/17(火)18002000 永井博さんマイスターデイ

7
/18(水)17:00~19:00 塩川いづみさんマイスターデイ
7/20(金)16:00~18:00
 花くまゆうさくさんマイスターデイ
7/24
(火)160018:00 矢吹申彦さんマイスターデイ
7/25(水)160018:00 飯田淳さんマイスターデイ
7/27(金)170019:00 ヒロ杉山さんマイスターデイ




注目のマイスター賞ですが、
永井博賞は、時吉あきなさんに決まりました。
各マイスター賞は、マイスターデイに決定いたしますので、
こちらもご注目ください。
22(日)はHuman Museum 2018のイベントデイとして、
15時よりレセプションパーティとなります。

若干14才にして、数多くのライブ活動やテレビ出演などで注目されている
Music Man KEEPONのライブが、15時より始まります。
“ICED BROTHERS” が贈る
究極のCUP OF  “SNOWY KAKIGOORI”
(tequila and vodka 入りもあります。)も出店されます。

暑い暑い一日になるかと思いますが、
お誘い合わせの上、お越しください。

Human Museum 2018は、7/23(月)のお休みをはさみまして、
7/29(日)まで続きます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2018/07/17(火)〜07/29(日) 
11:00~19:00 ※7/23(月)休廊

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2018年7月30日(月)〜8月20日(月)まで、
夏期休廊とさせていただきます

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
DOUBLE SOLO Exhibition "Paranoid Report"
俵谷哲典・早川モトヒロ
2018/8/21(火)〜9/2(日)
11:00~19:00 ※8/27(月)休廊

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2018年7月12日木曜日

「KIYOKA YAMAGATA 山形潔香 SOLO EXHIBITIONS」

こんにちは、スタッフの小笠原です。 「KIYOKA YAMAGATA 山形潔香 SOLO EXHIBITIONS」 始まっています。 山形潔香さんは、愛知県名古屋市生まれの美術作家。 タンバリンギャラリーでは2013年に個展を開催してから、 今年で5度目となります。
山形さんの作品は油絵が主体であり、 卓越された配色、色彩が印象的です。 今回は、2016年の個展「TIMELESS」と違い、 人物の登場しない作品も数多くございます。 色彩、配色は勿論ですが、独特な空の表現、構図など、 知らずと作品へと導かれ、山形ワールドの主人公へと。 これは、あたかも絵の中で自分が見ている景色なのだなと、不思議な浮遊感にいざなわれます。
大きな作品群のほか、会場には油絵とは違った新たなアプローチも御座いますので、 是非この機会に確認してみてはいかがでしょうか? 山形さんはロックな音楽が大好きで、 その精神が作品や向き合う姿勢にしっかりと刻まれている印象を受けました。 在廊されている際は、是非、話をお伺いしてみてはいかがでしょうか? 山形潔香 「KIYOKA YAMAGATA 山形潔香 SOLO EXHIBITIONS」 2018/07/10(火)〜07/15(日) 11:00〜19:00(最終日〜18:00)




<<<NEXT EXIHIBITION>>> 真夏の祭典になります Human Museum 2018 Tambourin Gallery Presents 「Human Museum 2018」 2018/07/17(火)〜07/29(日)  11:00~19:00 ※7/23(月)休廊 ☆オープニングパーティ 2018/7/17(火)18:00〜20:00 Human Museum 2018の幕開けです。 18:00より、簡単なドリンクをご用意してお待ちしております。 ☆レセプションパーティ 「Party of the Human, by the Human, for the Human」 2018/7/22(日) 15:00〜19:00  詳細は決まり次第お知らせいたします。 ☆クロージングパーティ 2018/7/29(日)16:00~19:00  各マイスター賞とBest Human Award(大賞)の発表もあります。 Human Museum 2018の締めくくりとなります。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

2018年7月4日水曜日

"ALOHA ALOHA ALOHA" なんでもアロハ「ミシンマユキオのアロハ展」

こんにちは、スタッフの二宮です。

"ALOHA ALOHA ALOHA" なんでもアロハ「ミシンマユキオのアロハ展」
始まっています。




ミシンマユキオさんこと、岩下俊夫さんは、
元CMディレクターで、有名なCMを多く手掛けられていました。
それが3年前に、急にミシンを習い始め、
ひたすらにアロハシャツを縫い始め、
この3年間で縫い上げたアロハシャツ約180点が、
今回、ギャラリーの壁から、お隣のガレージの空間に、
びっしりと並んでいます。














ヴィンテージのもの、輸入もの、和柄、ポップなもの、キッチュなもの、、、
柄の種類の多さ、バリエーションの豊富さは見事で、
他では見たことのない様なアロハシャツばかりです。
すべて、岩下さんが見つけて来た生地を、自分でパターンを取り、ミシンをかけ、
ボタンをつけて仕立てた、1点もののアロハシャツです。






もともと、ヴィンテージアロハが好きでコレクションしていた岩下さん、
しかし、ヴィンテージアロハはそれなりにお値段が張るし、
他にはない生地で作りたいという欲求が出て来て、
自らミシンを習いに行き、作り始めました。

「アロハは体型を選ばないし、もともと男性のものだけど、
 女性が大きめに着てもいいし、誰にでも似合うんだよね。」
とは岩下さん。
確かに、年齢、性別とわず、初日から多くの方がいらっしゃり、
みなさんお気に入りのアロハを見つけては、楽しそうに試着を繰り返しながら、
購入されていきました。





1点ものとはいえ、お値段の付け方が驚きで、
3,000円〜10,000円ととてもお買い得です。
アロハシャツは、基本的には即売ですので、お早めにどうぞ。
とはいえ、まだ飾りきれていないものも多くありますので、
毎日商品が入れ替わります。

岩下さんは、毎日ミシンをかけながら在廊されています。
どうぞお気軽にお越しください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2018年7月3日(火)〜 7月8日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
2018年7月10日(火)〜 7月15日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2018年6月27日水曜日

BEING AND TIME

こんにちは、スタッフの二宮です。

「BEING AND TIME」始まっています。




The works in "BEING AND TIME" provide insight to help us understand our BEING AND TIME.

本展は、展示作品を通して、存在と時間について考察する場を提供します。

サイトより)

一般社団法人 日本メメント・モリ協会主催、
KLEINSTEINキュレーションの本展は、
BEING AND TIME - 存在と時間- をテーマに、



スウェーデン出身の写真家 JÖRGEN AXELVALL

国内外で活躍する写真家 DAISUKE HAMADA

国内外のブランドのプロデュース、デザイン、コンサルティング、
またアートとファッションを繋げるコラボレーション、
キュレーション、評論や執筆を継続的に行っているKLEINSTEIN

3組のアーティストにより、構成されています。


ギャラリーの壁には、キャプションや展示に関する説明を一切省き、
作品のみが整然と並べられています。
前知識なく純粋に作品と向き合うこと、
作品と対話することによって生まれる時間、
そういったことを提唱しているかのようです。

この展覧会を主催している、一般社団法人 日本メメント・モリ協会の、
メメント・モリ(Memento Mori)とは、
ラテン語で、死を想うことでよりよく生きることを意味しています。

死について、また生きることについて考える静かな時間が、
自分自身と向き合い、疑問や質問が生まれ、
様々な方向から物事を考えられることに繋がっていくのではないかと思います。

会期中には、様々な分野の方をゲストに迎え、トークイベントが開かれます。
アーティストトークや「にほんのごはん」を食べる会などもございます。
詳しくは、日本メメント・モリ協会のFacebookページをご覧ください。





初日には、作家も全員揃い、レセプションパーティが開かれました。
作品についての話を伺うこともまたひとつの愉しみです。
4名とも、土日の夕方から、また在廊される予定です。
ぜひ足を運んで、考察の場とされてみてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
JÖRGEN AXELVALL/DAISUKE HAMADA/KLEINSTEIN

2018年6月26日 (火) - 7月1日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*オープニングレセプション 6月26日(火) 18:00 - 20:00
*会期中に関連イベントの開催を予定しています。

キュレーション:株式会社クラインシュタイン

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
2018年7月3日(火)〜 7月8日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2018年6月20日水曜日

鈴木理子「すべては幻 〜Tout est une illusion〜」

こんにちは、スタッフの二宮です。

鈴木理子「すべては幻 〜Tout est une illusion〜」
始まっています。




鈴木理子さん、2011年の8月にタンバリンギャラリーで初めての個展を開催してから
7年ぶりの個展となります。
7年前の作風とがらりと変わり、今展ではモノクロームの世界が広がっています。




 


ギャラリーをお借りして個展を開くのは実に7年ぶりです。
7年前と違うのは、モノクロで風景を普通に描いていることです。
手さぐりで色々な手法で描いてみましたが、
彩色は見ている人の想像力に任せて、風景をそのまま描くのがしっくりくるとわかり
敢えてモノクロで制作しております。
死が訪れると、見てきたものはすべて幻になる。
だからこそ、目に映るすべてはうつくしい。
生きていることはそういうことじゃないかという思い、
自分なりに描いてみました。
(作品解説より)


コントラストの強い白と黒の世界は、光が強ければ強いほど、影が濃くなり、
その両方を表現するために、どちらも欠くことのできない関係性があります。
「彩色を見る人に任せている」という理子さんの描く世界は、
たった2色でありながら、白と黒の色彩の、
強さ、優しさ、柔らかさ、混ざり方、滲み具合によって、
深度が増し、ぐっと絵の中に引き込まれて行くのです。








見て来た風景を写真に撮り、それを一度モノクロの状態にしてから
描くというスタイルは、とても淡々としていて、
感情を排しているかのようにも見えますが、
見ていると、目の奥にじんわりと涙が滲んでくるような気持ちになるので
不思議です。
それがやはり、実際に見えているもの以上のものを描くことができる
絵の魅力なのだなと感じます。




初日は、お知り合いのイラストレーターの方々や、恩師など、
多くの方がいらして、レセプションパーティも賑やかに行われました。
理子さんは、以下の日程で在廊の予定です。

20(水)13:00〜19:00
21(木)18:00〜19:00
22(金)18:00〜19:00
23(土)13:00〜19:00
24(日)全日

ぜひ、絵の前に立って、静かに物語る世界と対峙してみてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
2018年6月19日(火)〜6月24日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>

JÖRGEN AXELVALL/DAISUKE HAMADA/KLEINSTEIN

2018年6月26日 (火) - 7月1日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*オープニングレセプション 6月26日(火) 18:00 - 20:00
*会期中に関連イベントの開催を予定しています。

キュレーション:株式会社クラインシュタイン

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2018年6月13日水曜日

新井萌美「melancholic」

こんにちは、スタッフの二宮です。

新井萌美「melancholic」、始まっています。




新井萌美さんは、1993年生まれのアーティスト。
これまで、ZINEなどで作品を発表していましたが、
今回が初めての個展となります。

個展が決まってから描き始めた約50点の作品が、
ギャラリーを埋めています。







「melancholic」というタイトルのついた今展。
コラージュの作品、コラージュに絵を載せた作品、
絵がベースでコラージュが加わっている作品と、
その割合は様々ですが、
頭の中にある断片を切り貼りする様な感覚で、
作品を作られています。

制作するときは、どんなものを作ろうか、何も考えずにその時々に気になっていること、
たとえばヘビとか心臓とか、口から文字が出ることなど、
それらを組み合わせて、絵を作っていきます。

デザイン的でありながら、その場で作り上げるライブ感もあり、
潔さと好きな世界へ没頭する感じが、見ていて気持ちがいいです。







かつては、絵の中に刺繍を組み入れることもしていましたが、
刺繍のスピード感がいまの制作のスピードには追いつかず、
いったんお休みしているそうで、
今回初めて、マトリョーシカという形に絵を落とし込んで、
立体にすることにも挑戦していますし、
その他にも、ぬいぐるみやアクセサリー、お洋服など、
作りたいものがまだまだたくさんあるようです。

コンペに出したり、先生や先輩方に意見を求めるなど、
まだまだ自分の道を模索していますが、
可能性は広がり続けると思うので、
新井さんの大好きな世界を、どんどんと追求して行って欲しいと思いました。






オープニングは、先生やお友達、仲の良い作家の方々で、賑やかにおこなわれました。
 写真は、恩師である伊藤桂司さんと新井さん。
ホログラムがきれいな缶バッチやZINEも3種類と、数量限定で販売しております。
新井さんは、毎日お昼頃から在廊の予定です。
ご本人のキャラクターもとても可愛らしいので、ぜひ会場にいらして
新井さんの世界に触れてみてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2018年6月12日(火)〜6月17日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>

2018年6月19日(火)〜6月24日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
*レセプションパーティー 6月19日(火) 18:00〜20:00

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・