2017年3月22日水曜日

Group exhibition「plasma」

こんにちは、スタッフの二宮です。

Group exhibition「plasma」始まっています。




"一拍おいて振り返る、今とおり過ぎたものはなんなのか。"

作品がどこにどうあることが決まらないのか決めないのか、
宙を漂う作家を集めました。
物質の第4の状態であるプラズマのように、
この私たちの状態にも名前がつくのかを考えます。
(立山柚子・ギャラリーサイトより)

今展は、イラストレーター/アーティストの、

カワシマナオト/立山柚子/早川世詩男/水野健一郎

4名によるグループ展です。

「plasma」を展覧会のタイトルとし、4名のほぼ未発表作品が、
ギャラリーの壁を彩っています。












「『plasma』という響や、イメージを、頭の片隅に制作しましたが
 『plasma』とは何か?と深く考えはしないまま、春の空気や光、
 ふわっとする感じを、そのイメージに交差させたつもりです。
 作品だけではなく、そんな制作、展示自体が『plasma』なのかもしれません。」

早川世詩男さんは、1973年生まれのイラストレーター。
書籍に関するお仕事を中心に活動されています。
物語の一部を切り取ったような絵は、軽やかな線と丁寧な塗り、
大胆な構図で描かれており、スコンと抜けていく感じが心地よく、
浮遊したままイメージの世界を漂わせてくれます。

普段は展示をほとんどやられないそうなので、
このように原画をたくさん見られる貴重な機会となっております。








「見えていないだけでどこにでもいるというか発生していたりする何かのイメージと、
 エクトプラズムを描きました。」

立山柚子さんは1989年生まれのアーティスト。
どこかで見た男を完成させるため、男の絵を描きつづけています。

普段あまり色を塗る事がない立山さんの着彩された作品は、
淡く、浅い眠りの中で見る夢のような色彩です。
















「とても平和なところで無敵モード突入!いらないものを全部捨て、
 笑っているイメージ。」

カワシマナオトさんは、1990年生まれのイラストレーター。
絵の中に潜むキャラクターやシチュエーションを発見するごとに
笑顔になってしまう。作者の思惑通りなのかもしれません。










「雲の上。ニュートラルな気分。目まぐるしく変化する地上を
 ぼんやり眺めていたら300年経っちゃった。そんな感じ。」

水野健一郎さんは、タンバリンギャラリーでも幾度となく、
展示に参加して頂いておりますが、今回は、これまで描きためていたもの、
plasmaを意識しながら描いていたものから厳選し、作品として仕上げたものが
13点、並んでいます。

まだ、展示のテーマが確定しないなかで、
水野さんとのやりとりで頂いたメールがとても印象的だったので、
その一部をこちらに記載します。

この3人には、僕のテーマである「既視感と未視感の狭間」を感じます。
確固たる世界観を持っていながら、その世界が閉ざされていない感じも共通しています。
重力が無い感じというか、質量が無い感じというか、
この上なくライトでアッケラカンとしてて、情報過多でカオスな世の中の上空に
ひらっと浮いてる感じがします。地上で核戦争でも起きない限り、
ヒラヒラといつまでも漂い続ける感じです。
僕の作品にその軽さがあるかどうかわからないけど、
これまで実際に漂い続け、時代の移り変わりを俯瞰してきたので、
ある意味浮いてた感はあります。
展覧会を行う場合、おそらくそんな感じのことがテーマになると思います。





このように、絵のタイプや表現内容、年齢、性別もさまざまな4名でのplasma展ですが、
共通する心地よさ、浮遊感が、春の訪れを感じさせるこの季節に
ぴったりとフィットしています。




作家は、土日中心の在廊となっております。
ぜひ、お運びください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017/03/21(火)~03/26(日)
カワシマナオト/立山柚子/早川世詩男/水野健一郎

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
2017/03/28(火)~04/02(日)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2017年3月15日水曜日

JETLINK Show Room「ALEXANDER Exhibition アレクサンダー博覧会」

こんにちは、スタッフの二宮です。

JETLINK Show Room「ALEXANDER Exhibition アレクサンダー博覧会」
始まっています。




愛しき映画に思いを馳せ、日々もの作りを続けている
ディレクター兼デザイナーをつとめる渡辺純さん主宰のJETLINK
主に幼少時代に影響を受けた映画をテーマにした洋服を作られています。
年に2回の展示会、ウェブストアでの販売、TSUTAYAでの取り扱いを基軸に活動されておりますが、今回、ギャラリーにて初めて個展という形での
新作のリリース、原画の展示、またライブ制作販売を行っています。









16年ほど前から渡辺さんたったひとりでスタートしたJETLINK、
愛すべき映画をモチーフにしたウェアの数々は、他にはない映画のセレクトと
こだわりぬいた製法、技法で作られており、
徐々に話題となり、いまでは映画ファンのみならず、芸能人やセレブのお客様も多く、
テレビや街中で見かける事も少なくありません。

「安価で作られて大量に販売するというやり方もありますが、
 自分が作る場合は、お金や時間がかかっても、本当に欲しいものを作りたい。
 そしてご購入頂いた方に長く愛用してほしい。
 なので、何度も職人さんとやりとりし、細部までこだわって製作しています。」

モノクロ1色に見えるTシャツの版も、その濃淡を出す為に3版使用していたり、
シャツにはトップアスリートのウェアにも採用されるような
軽量かつ給水速乾性など機能面に特化した生地を使用していたり、
イラストをお願いするイラストレーターとも、
渡辺さんのイメージを伝えるべく、その指示書だけでも1冊の本ができそうなほど、
何度もやりとりを繰り返し、イメージを実現化していきます。

今回は、ギャラリーでの展示会ということで、
Izumikawa MacFLYさん、JUN OSONさんなどによる原画の展示も行っております。















また、今回初めての試みで、Tシャツのリメイク実演販売も行っています。
JETLINKデザインのTシャツからお好みのものを2種類選んで頂き、
その場で渡辺さんが2枚のTシャツを1枚に合体させます。
半分+半分で1枚、とはいえ、縫い代の部分を計算すると、
2枚で1枚のTシャツしか作れない、というこちらも贅沢な逸品。






実は、タンバリンギャラリーは以前、シャツ屋さんだったこともあり、
ギャラリーの奥に設置してある大きなテーブルはシャツの断裁などに使われているものでした。
重量のあるミシンを2台持ち込んで作業している渡辺さんにそのことをお伝えすると、
「ここに呼ばれたのかもしれません。」
と大変喜んで頂けたので、こちらとしても誇らしい気持ちになりました。

渡辺さんが丁寧にミシンを踏む姿も、他では見られない状況だと思いますので、
この機会にぜひ、目撃してみてください。

そして、3/17(金)19:30からは、渡辺さんと12年来のお知り合いである
映画監督の佐々木誠さん、作家でDJのロバート・ハリスさん、
俳優の中島朋人さん、写真家の在本彌生さん、
イラストレータの高橋キンタローさんによる
アレ★アレ★シネマトーク」が開催されます。
テーマは今展にちなみ「映画におけるファッション」ということで、
こちらもあわせてお楽しみください。




渡辺さんは毎日在廊され、ひとりひとりのお客様と対応されます。
1点1点の製作秘話も非常に興味深く、映画愛とものづくり愛に満ちあふれた
熱いものを感じることができます。
ぜひお運びください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


JETLINK Show Room
「ALEXANDER Exhibitionアレクサンダー博覧会」

2017/03/14(火)~03/19(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
カワシマナオト/立山 柚子/早川 世詩男/水野 健一郎

2017/03/21(火)~03/26(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
✳︎オープニングパーティー 3月21日(火)18:00~

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




2017年3月8日水曜日

Ninomiya Sawako meets [PEOPLE OF KALAHANDI]

こんにちは、スタッフの二宮です。

Ninomiya Sawako meets [ PEOPLE OF KALAHANDI ]、始まっています。



2015年12月から始まった、刺繍アーティスト・二宮佐和子と
インドの女性たちによる『Stitch by Stitch Project』
1年間、刺繍を通して彼女達と残した成果と、
新しく生まれた刺繍作品の発表、
またインドから強く影響を受けた二宮佐和子の新作の発表も行ないます。
(ギャラリーサイトより)

2016年3月にも、同様の展覧会を開催しました。
そのときの様子はこちらのブログからご覧ください。




2015年11月に続き、その1年後の2016年11月に、二度目に、
インド東南部のオリッサ州カラハンディー Lebed村へ訪れ、
村の女性たちと再会しました。
1年間、会えない間は、ネットを介して、刺繍の課題を送り、
制作してもらったものを写真でチェックする、という通信教育のような形で
女性たちとはやりとりしていましたが、
実際に会うのは1年ぶりで、それまでどんな風に彼女たちは過ごして来たのだろうと、
期待と不安でいっぱいでしたが、
顔をあわせた瞬間にお互いに笑顔がこぼれ、
お互いにこの日を待ち望んでいたんだという事が、一瞬にして、直感的にわかりました。

そこから現地にて2度目の刺繍プログラムが始まりました。
モチーフは、毎回、彼女たちの身近にあるであろうものを考えて選んでいますが、
今年は、インドの国鳥であるクジャクと、インディアンリーフバタフライです。
そのモチーフを、フェリシモにてPBP商品として販売している
ワンピースやカットソーに刺繍してもらい、
そこで完成させたものを日本へ持ち帰り、クリーニングで整え、
販売できるクオリティを満たしたものを、今展にて、先行発売しています。









彼女たちの刺繍の上達ぶりには、目を見張るものがありました。
1年間、一生懸命教えて来たものが、きちんと反映されていて、
その出来上がり具合から、本気で刺繍の技術を取得しようと思っているような
気迫すら感じるほどでした。

糸の色の選び、刺繍のタッチによって、同じモチーフを刺繍していても、
違った表情になります。
彼女たちの写真とプロフィールを記載したパネルも展示しておりますので、
あわせてご覧頂ければと思います。






1年間の通信教育では、塗りの練習、線をきれいに引く練習、細かい針の運びの練習など
毎回技術的な目的をもたせて課題を出していました。
彼女たちは週に1度はみんなで集まって、
個人個人では毎日のように、それらを何度も繰り返し練習していたそうです。
それを聞いたときに、ああそれでこんなにうまくなっていたんだ、、と
納得とともに、あまりにまっすぐな姿勢が見えた気がして、感動が押し寄せました。

そのときの、課題として制作してもらった牛やヤギ、クジャクの刺繍も
壁一面に展示しています。



 




インド滞在中に興味を持ったのが、神様がとても身近にいることです。
街中、家の中、車の中、ホテルのフロント、食堂など、
あらゆるところに神様が飾られており、街中に寺院も多く、
老若男女問わず、自分のお気に入りとでもいえるような神様をそれぞれ持っていて、
神様はあがめるというよりも、いつも近くにいる存在という感じがして、
その感覚がとてもいいなと思いました。
また、神様の造形や、ストーリーが大変興味深く、制作意欲をかきたてられ、
今回、立体刺繍にて制作してみました。

他にも、ムービーや音楽や高校生のお手紙など、
あらゆる方向から、わたしが感じたインドの持つ雰囲気をお伝えしたく、
会場にて展開しています。





3/11(土)には14時頃より、インドで家庭料理を教わってきた、
家庭料理家の永易久美子さんによるカレーの販売があります。
村で食べた、一番好きだったカレーを、永易さんなりに再現してくれるということで
こちらとても楽しみです。
15時からは、プロジェクトパートナーであるフェリシモの徳重さんを
インタビュアーに迎え、トークイベントを行います。
とてもゆるりとした話になると思いますので、
カレーやチャイを頂きながら、ゆっくりインドについて考えられるような時間を
みなさんと過ごせたら嬉しいです。
また16時からはレセプションとなります。どなたでもお越し頂けますので、
どうぞお気軽にいらしてください。





ブログに書いていると、永遠に書き続けてしまいそうなので、
続きは会場で…!
二宮は毎日午後から、土日は終日在廊しておりますので、
みなさまのお越しをお待ちしております。


追記:
2016年訪問時の様子はこちらに記載しています。
よろしければ、ご覧ください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2017/03/07(火)~03/12(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

<イベント>
3/11(Sat)RECEPTION party 15:00〜
Talk about PEOPLE OF KALAHANDI
二宮佐和子によるトークイベント(Interview by FELISSIMO 徳重正恵)

家庭料理家、永易久美子によるインドカレーの販売もあります。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
NEXT EXHIBITION>>

2017/03/14(火)~03/19(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・